上原学習塾は追加の個別指導が無料!宿題や課題学習もサポートします!
お気軽にお問合せ下さい!(電話受付時間 10:00-19:00 月曜~土曜)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」の挿入歌を和訳してみよう!

2019年03月05日

こんにちは!今回は、

 

『Guardians Of The Galaxy VOL.2』

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」

 

の中で歌われていた

 

曲名:『Brandy (You’re A Fine Girl)』

バンド名:『Looking Glass』

 

の和訳をしていきます!

 

この曲は、映画の中でスター・ロードのお父さんのエゴが、

スター・ロードに歌ってあげていた曲ですね。

 

ちなみに、エゴ役は、カート・ラッセルです!

彼の「バックドラフト」は名作です!ぜひチェックを(笑)

 

ここをクリックすればYouTubeに飛びます!

曲を聞いてみたい方はどうぞ~!

 

ガーディアンズには沢山の歌が登場しましたね。

しかし、他の曲と違ってこの曲だけ、劇中で歌われた特別な曲です。

 

歌詞を和訳してみましょう!

『There’s a port on a western bay.』

「ウェスタンベイに港があるんだ。」

 

『And it serves 100 ships a day.』

「そして、そこは1日に100隻の船を受け持つんだ。」

(1日に100隻の船が訪れる。)

 

『Lonely sailors pass the time away and talk about their lives』

「1人孤独な船乗りたちはそこで、時間を過ごし、自分たちの人生について話すんだ。」

 

一旦ここまで、細かく解説をしていきます。

 

英文を1つずつ解説

『There’s a port on a western bay.』

「ウェスタンベイに港があるんだ。」

 

『there’s』=『there is』

『there is ~』:「~がある。」

 

 

『And it serves 100 ships a day.』

「そして、そこは1日に100隻の船を受け持つんだ。」

(1日に100隻の船が訪れる。)

 

『it』=『a western bay』を指します。

三人称単数の代名詞である『it』が、

三人称単数の名詞である『a western bay』の代名詞になっていますね。

こういう時にしっかりと人称も確認するのが大切です。

 

『a day』:「1日あたり・1日につき」

この『a day』には前置詞が不要です。

『in a day』:「1日に」

この時は、前置詞『in』が必要です。

 

 

『Lonely sailors pass the time away and talk about their lives』

「1人孤独な船乗りたちはそこで、時間を過ごし、自分たちの人生について話すんだ。」

 

『pass the time』:「時間を過ごす」

熟語です。しかし、この歌詞では、『away』が最後についています。

 

『pass the time away』

これはどういった事なのか?

この『away』は本来不要の『away』なんです。

 

じゃあ、なぜ入っているか?

それは、詩的な意味を付け加えたいからなんです!

なので、少しロマンチックな感じがココから感じられます。

 

なので、ここの『away』があることにより、

『time goes』:「時間が過ぎていく・流れていく」

と言ったニュアンスが入っていると考えてください!

素敵ですね。

 

和訳をしよう!って考えていると、文章を硬く読みがちです。

歌なので、こういった熟語とはちょっと違った表現があります。

そうしたら、詩的な、ポエムな表現だと思うとしっくりくることがあると思います!

 

『talk about ~』:「~について話す」

 

『lives』:「lifeの複数形」

これは間違いやすい単語です。

 

『life』のように『fe』で終わる単語の複数形を作る場合は、

『f』を『v』に変えて『es』を付けます。

 

加えて、『lives』は一般動詞の『live』に

三人称単数現在の『s』が付いた形と一緒なので、区別が必要ですね。

 

あと、ココは『lives』を「自分の過去」と訳すとしっくり来ます。

過去とか、生い立ちとか。

 

 

一旦ここまでにします。

この後、もう少し続きます!

 

和訳するだけでなく、構文等の説明をしていきたいので、

ちょっとずつ記事を書いて行きたいと思います!

 

それでは、また、

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。