上原学習塾は追加の個別指導が無料!宿題や課題学習もサポートします!
お気軽にお問合せ下さい!(電話受付時間 10:00-19:00 月曜~土曜)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」の挿入歌を和訳してみよう!VOL.2

2019年03月07日

こんにちは!今回は、前回の

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」の挿入歌を和訳してみよう!

の続きを書いて行きます!

 

曲名:『Brandy (You’re A Fine Girl)』

バンド名:『Looking Glass』

 

前回のおさらい

『There’s a port on a western bay.』

「ウェスタンベイに港があるんだ。」

 

『And it serves 100 ships a day.』

「そして、そこは1日に100隻の船を受け持つんだ。」

(1日に100隻の船が訪れる。)

 

『Lonely sailors pass the time away and talk about their lives』

「1人孤独な船乗りたちはそこで、時間を過ごし、自分たちの人生について話すんだ。」

 

前回はココまでだったので、続きを!

 

続きの歌詞を和訳しましょう!

『There’s a girl in this harbor town.』

「この港町には、1人の少女がいるんだ。」

 

『And she works laying whiskey down.』

「そして、彼女はウイスキーを作る仕事をしている。」

 

『They say “Brandy, fetch another round.”』

「船乗りたちは『ブランデー、もう一杯だ』と言う。」

 

『And she serves them whiskey and wine.』

「そして彼女は船乗りたちにウイスキーやワインを持っていくんだ。」

 

英文を1つずつ解説

『There’s a girl in this harbor town.』

「この港町には、1人の少女がいるんだ。」

 

『there’s』=『there is』

『there is ~』:「~がある・いる」

こちらは、前回も解説をしましたね。

 

補足をすると、

『there is (are) ~』の違いは、『~』のところに

単数・複数どちらの名詞が来るかで変わります。

単数:『is』

複数:『are』

 

アメコミで例文を出してみると

 

アイアンマン(IRON MAN) の、『man』は単数なので、

『There is IRON MAN in New York.』

「アイアンマンは、ニューヨークにいる。」

 

エックスメン(X-MEN)の、『men』は複数なので、

『There are X-MEN in New York.』

「エックスメンはニューヨークにいる。」

 

 

『And she works laying whiskey down.』

「そして、彼女はウイスキーを作る仕事をしている。」

 

『lay down』:「(ワイン等を)作る・貯蔵する」

『laying whiskey down』は動名詞で、意味は「ウイスキーを作ること」

 

 

『They say “Brandy, fetch another round.”』

「船乗りたちは『ブランデー、もう一杯だ』と言う。」

 

代名詞『They』=『Lonely sailors』船乗りたちを指します。

 

『Brandy』は『a girl』の名前です。

ブランデーと言う名前の少女です。

 

『fetch』:「持ってくる」

『another round』:「もう一杯」

『round』には、「お酒(人数分)」という意味があります。

 

アメリカのバーなどでは、

『Do you want another round?』

「みんな、もう一杯どうですか?」

なんてフレーズがよく使われます。

 

 

『And she serves them whiskey and wine.』

「そして彼女は船乗りたちにウイスキーやワインを持っていくんだ。」

 

『serve』:「(料理などを)出す・サービスをする」

主語が三人称単数なので、『serves』になっていますね。

 

加えて、日本語でよく聞くサービスは、『service』です。

名詞:『service』

動詞:『serve』

名詞がサービスで、動詞がサービスをする

と覚えておくと良いですよ!

『serve』は沢山意味があるので、その後に続く単語によって意味が変わるので、

サービスをするという意味から推測するのがおススメ。

 

 

さらに続きの歌詞を和訳します!

『They say, “Brandy, you’re a fine girl.』

「彼らは言う、『ブランデー、君は立派な子だ。」

 

『What a good wife you would be.”」

『君は、とても素敵な奥さんになるだろう!』」

 

『Your eyes could steal a sailor from the sea.』

「君の瞳は、海から船乗りを奪ってしまうだろう。」

 

 

英文を1つずつ解説

『They say, “Brandy, you’re a fine girl.』

「彼らは言う、『ブランデー、君は立派な子だ。」

 

『fine』はよく、

『How are you?』「ちょうしはどうだい?」

『I’m fine!』「元気だよ!」

で、目にしますね。

 

『fine』は挨拶以外にも使えて、

「立派な・素敵な~」と言った意味もあります。

 

 

『What a good wife you would be.”』

「君は、とても素敵な奥さんになるだろう!』」

 

感嘆文と言う構文で、「なんて~なんだろう!」という意味を作ることが出来ます。

 

感嘆文ってどういう文法かというと、

この文をまず、以下のように見てみます。

 

『You would be a good wife.』

「あなたは良い奥さんになるだろう。」

 

名詞部分:『a good wife』

 

作り方

1.『What』を文頭に配置する。

2.名詞部分を『what』の次に配置する。

3.あとはそのまま!

となります。

 

例文

『Star Lord has a good family.』

「スターロードは良い家族がいます。」

 

感嘆文にすると

『What a good family Star Lord has!』

「なんて良い家族がスターロードにはいるんだろう!」

となります。

 

助動詞『would』の解説も

『would』は『will』の過去形であるのに加え、『will』を丁寧にしたい時に使います。

『will』は未来の意味で良く使いますが、今回は、推量です。

『will』:「~だろう」

となっています。

 

 

『Your eyes could steal a sailor from the sea.』

「君の瞳は、海から船乗りを奪ってしまうだろう。(かもしれない)」

 

助動詞『could』

『can』:「~かもしれない(推量)」

この助動詞『could』も『can』の過去形でもありますが、

『will』の『would』同様に『can』の丁寧な表現になっています。

 

時には、丁寧ではなく、自信のなさとして使われることも有ります。

『can』は良く可能性(出来る)で使われることが多いですが、

推量でももちろん使われます。

 

そして、この

『Your eyes could steal a sailor from the sea.』

の部分は、映画で、スターロードのお父さんのエゴが歌い、歌詞の内容の話をしましたね。

歌詞そのものを知って、見直したりすると、映画の内容もまた違って捉えることも出来ます。

 

 

『Brandy』の和訳はここら辺で終わりにします。

最後の一文を紹介したかったがために記事を書いていました(笑)

 

おまけ

良く生徒から受ける質問で

『Can you ~?』と『Could you ~?』

『Will you ~?』と『Would you ~?』

の違いは何ですか?と聞かれます。

 

答えは、丁寧さの違いがあります。

この違いは中学では解説されることはまれなので、同じ意味だよ、と暗記させられるのですが、

折角なので『could』と『would』の方が丁寧な表現になっていると覚えておきましょう。

 

それでは、また、

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。