上原学習塾は追加の個別指導が無料!宿題や課題学習もサポートします!
お気軽にお問合せ下さい!(電話受付時間 10:00-19:00 月曜~土曜)

【塾の先生が教える】なぜ日本人は英語ができないのか?【日本語と英語の違い】

2020年09月21日

 

なぜ日本人は英語ができないのか?理由をあげれば多々あると思います。

今回はその理由の1つである日本語と英語の違いに焦点を置いてお話します。

 

学生の方はこれから話すことを意識して日本語を話してみましょう。

保護者の方には、これから話すことを注意して子供と日常生活を送ると、子供の英語と日本語の壁が少し減っていくと思います。そして、国語力も自然と上がります。

 

日本語は主語を言わない

日本語と英語

日本語は、主語を言わなくても文章を作ることができます。

例えば、自己紹介で

『映画が好きな先生です。よろしくね!』

なんて言うことができますが、この日本語には主語がありません。主語を入れると

私は映画が好きな先生です。よろしくね!』

 

この様に日本語は主語が無くても文を作ることができます。

しかし、英語はそうは言えません。英語は主語がある場合は、必ず主語を言わなければなりません。

この違いを意識しながら英語の文を作り、英語を話さなければいけません。

 

そこで、保護者の方は子供と話すときに、子供が主語を言わない文を言った場合、主語を聞くようにしてください。

日本語を話すときから主語の意識をすることで、英語を話すときも主語の意識ができます。

 

 

国語のテストでの減点が減る

主語の意識ができると、国語の問題を解くのも得意になれます。国語の問題で主語を書かないで間違える生徒は多いです。なので、常日頃から主語を意識して話すことが大切になってきます。

 

小学生・中学生と話していると主語を言わない生徒もいて、主語を言えず伝えたいことを相手に伝えられない生徒もいます。

大人は相手の言いたいことをくみ取れますが、いつまでも相手に頼ることはできません。相手に言いたいことを伝えられなくて辛いのは自分です。

子供の頃から主語の意識をしてほしいです。

 

 

日本語:主語を言わなくてもよい

英語:主語を言わなければならない

 

英語は品詞で位置が決まっているパズル

英語 パズル

言語には、品詞があります。

名詞:モノの名前

例)映画、りんご

 

動詞:動作を表す言葉

例)見る、食べる

 

形容詞:様子や状態を表す言葉

例)楽しい、おいしい

 

副詞:動詞や形容詞などを修飾する言葉

例)いつも、とても

 

例えばこの日本語を見てみましょう。

『私はいつも映画を見ます。』

この日本語の副詞『いつも』の位置は変えることができます。

『私は映画をいつも見ます。』

いつも私は映画を見ます。』

この様に、日本語の副詞の位置には自由度があります。ある程度副詞はどこに配置しても大丈夫です。

 

 

しかし、英語は品詞ごとに位置が決まっています。副詞であれば副詞を置く位置が決まっています

『私はいつも映画を見ます。』

『I always watch movies.』

日本語を英語にしました。英語の副詞『always』の位置はこの位置です。主語と一般動詞の間です。これは基本的に決まっています。

 

 

日本語の文法:自由度が高い

英語の文法:品詞で決定される

 

最後に

日本語と英語の違いを知る

今回紹介した日本語と英語の違いは2点です。

・主語の有無

・品詞の位置

この2点が違うので『日本語を話す・日本語の文章を作る』感覚で『英語を話す・英語の文章を作る』と間違えてしまうわけです。

 

なので、この記事を呼んだ方は、この日本語と英語の違いを知ってほしいです。

 

更に問題なのが、学校の国語の授業でそこまで品詞の指導をしていないことです。

なので、中学校に上がったときに品詞ありきの英語にアレルギーが出てしまうのも納得がいきます。

 

そこで、当塾の小学生向けで英語の先取りも当たる中学英語・英会話コースでは、じっくりと品詞の勉強をしています。

英語の文法はパズルです。とても簡単なパズルです。ただ、言葉を見て品詞が分からなければ解けないパズルです。

 

 

日本語を話すときも、主語と品詞を意識して話してみてください。そうすることで英語ができるようになります。

今回はここまでです。

 

 

読んでくださった塾生・保護者の皆様は、何かお困りのことがありましたら、お気軽に塾長にご連絡ください。

塾をお探しの方も、どう勉強したらいいのか?などお悩みがありましたらご連絡ください。

 

・お電話

048-562-1068

 

・LINE

QRコードからフレンドになれます、塾の公式アカウントで連絡を取り合えます。この記事を下にスクロールすると、クリックするとフレンドになれるボタンもあります。

 

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。