勉強が好きになる方法は?

勉強

子供が勉強を好きになるキッカケは、達成感に有ります。

 

日常で感じた達成感、生徒の勉強が活きた体験

 

ある日の授業終わりに、

生徒『先生!映画館で映画を見てきました!』

 

私『何の映画を見てきたの?』

 

生徒『先生が言ってた、ボヘミアン・ラプソティを見てきたんです、そしたら、英語が聞き取れたんです!』

 

私『おお!聞き取れたんだ!なんて英語が聞き取れたんだい?』

 

生徒『ちょっとした単語だけなんですけど、”Late”の”遅いよ!”とか、単語で聞き取れるようになりました!』

 

私『いいね~!先生も好きな映画を見ている時に英語が少しでも聞こえるだけで、嬉しくなっちゃうよ。』

 

生徒『はい!ちょっとですけど、聞ける単語が増えてきて楽しくなって来ました!』

 

 

こんなことが起きました。

 

この生徒は、塾や学校で勉強した内容が、実際に活きた経験をして、達成感を得たんです。

 

こういった経験が出来ると、また達成感を得たいと思い、勉強をする様になり、自然と勉強が好きになっていきます。

結果、成績が後からついてきます。

 

勉強が好きになるには

勉強が好きになるには、勉強が何かに活きた経験をすることをキッカケになります。

 

例えば、

映画の英語が聞き取れて嬉しかった。

また、映画を見ていて英語を聞き取りたいな。

勉強をしよう!

 

といった、流れで子供は勉強が好きになります。

目的が、『映画を見て英語を聞き取りたい。』だから勉強をする。

 

『勉強のために、勉強をする。』

から、

目的のために、勉強をする』

 

決して受験のためだけに勉強を指導しません。

生徒それぞれの好きなことに、勉強が活きることを伝えながら指導をします。

 

英語を勉強すると、映画がより楽しく見ることができたり、海外旅行に行けます。

数学は、買い物をお得に出来たり、ゲームを考えてプレイ出来たり。

国語は、自分の思っていることを相手に正しく伝えられたり、相手の気持ちを理解出来たり。

理科は、物事の原因と結果がわかり、危険な行動をとらないで済んだり、

社会は、旅行した時に美味しいものを漏らすことなく食べれたり!

 

などと、勉強の先には、たくさん楽しいことがあります。

 

生徒たちには、『目的を持ち、そのために勉強をする気持ち』を持てるように指導をします。

 

結果がついてくるのか。

果たして、『受験のために、勉強のために、勉強をする。』ではなく、

『目的を持ち、そのために勉強をする気持ち』での勉強で、結果はついてくるのか。

 

それは、もちろん結果はついてきます。

当塾では、複数の学校の学年順位1位の生徒が在籍。

(生徒のことを考え、年度などは伏せさせていただきます)

 

 

勉強することで、楽しいことができる。

このことを生徒に伝えながら指導をしています。


資料請求や各種お問合せ

お問合せはお電話・メール・LINEにて受け付けております。ご都合の良い方法でお問合せください。

お電話

048-562-1068

お電話の受付時間
13:00-19:00(月曜~土曜)

LINE@

友だち追加

メール

お問合せフォームによるメールでの各種お問合せ・資料請求はこちらから

※お問合せ内容の他、勧誘などのご連絡をすることはありません。ご安心ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!